九州の神社

九州の神社:鹿児島県

九州の神社:鹿児島県・概要

天孫近臨の地とされる霧島。その高千穂峰の麓に鎮座する霧島神宮をはじめ、神武天皇に至る瓊瓊杵尊・彦火火出見尊・鸕鷀草葺不合尊の足跡を辿ることができるのが鹿児島です。あまり知られていませんが、木花咲耶姫(神阿多都比売)の出身は薩摩半島の南の笠沙の地とされ、ゆかりの地も数多くあります。

鹿児島のもうひとつの特徴は、島津氏に纏わる神社が数多いということ。島津氏歴代の当主とその家族、玉里島津家の当主とその家族を祀る鶴嶺神社をはじめ、島津斉彬を祀る照国神社。戦国時代の雄、島津義弘を祀る神社などがあります。