九州の神社

大己貴神社(筑前町)

御祭神

御祭神ごさいじん大己貴命おおなむちのみこと正殿せいでん)、天照皇大神あまてらすすめのおおかみ左殿さでん)、春日大明神かすがだいみょうじん右殿うでん

由緒

大神様おんがさま(おんがさま)」と地元では呼び親しまれる大己貴神社おおなむちじんじゃは、神功皇后じんぐうこうごう熊襲くまそ平定へいてい三韓征伐さんかんせいばつ伝承地でんしょうちで、仲哀天皇ちゅうあいてんのう9年(200)の創建そうけんと伝えられ、我が国で最も古い神社とされています。延長えんちょう5年(927)にまとめられた『延喜式えんぎしき神名帳じんみょうちょう』にしるされた筑前国ちくぜんのくに十九式内社じゅうきゅうしきないしゃの一社で、「於保奈牟智神社」と記載きさいせられた式内小社しきないしょうしゃです。南面する正殿せいでん大己貴命おおなむちのみこと、東の左殿さでん天照皇大神あまてらすすめのおおかみ、西の右殿うでん春日大明神かすがだいみょうじん御祭神ごさいじんとしてまつっています。

『延喜式神名帳』延長5年(927)編纂

西海道神一百七座[大卅八座・小六十九座]。

筑前国十九座[大十六座・小三座]。宗像郡四座[並大]。宗像神社三座[並名神大]、織幡神社一座[名神大]。那珂郡四座[並大]。八幡大菩薩筥崎宮一座[名神大]、住吉神社三座[並名神大]。糟屋郡三座[並大]。志加海神社三座[並名神大]。怡土郡一座[小]。志登神社。御笠郡二座[並大。筑紫神社[名神大]、竈門神社[名神大]。上座群一座[小]。麻氐良布神社。下座郡三座[並三座]。美奈宜神社三座[並名神大]。夜須郡一座[小]。於保奈牟智神社。

仲哀天皇ちゅうあいてんのう8年(199)仲哀天皇ちゅうあいてんのう熊襲くまそ平定へいていの準備を進めますが、神懸かみがかりした神功皇后じんぐうこうごうから「熊襲くまそよりも宝のある新羅しらぎを攻めよ」との託宣たくせんを受けます。しかしその託宣たくせんを信じず熊襲くまそ征伐せいばつを行ますが、敗北して仲哀天皇ちゅうあいてんのう9年(200)2月6日崩御ほうぎょされます。

後を継いだ神功皇后じんぐうこうごうは、同年3月齋宮に入って自ら神主かんぬしとなり、まずは朝倉市あさくらし秋月野鳥あきづきのとり古処山こしょさん居城きょじょうしていた熊襲くまそ羽白熊鷲はじろのくまわし討伐とうばつします。同年9月10日新羅しらぎ征討せいとうを起こすにあたり、船舶せんぱくを集め練兵れんぺいしますがなかなか集まらないため、大三輪社おおみわしゃを建てかたなほこまつります。すると直ぐに軍勢ぐんぜいが整い船出ふなでしたと伝えられています。その大三輪神おおみわのかみ大己貴命おおなむちのみこと)をたてまつったのが当地で、創始そうしとされています。

『日本書紀』神功皇后摂政前紀仲哀天皇九年秋九月庚午朔己卯

令諸国、集船舶練兵甲、時軍卒難集、神功皇后曰「必神心焉。」則立大三輪社以奉刀矛矣、軍衆自聚。


諸国に令して、船舶を集め、兵甲を練らる。時に軍卒つとひかたし。皇后の曰、必神の心ならんとて、大三輪社を立て、以て刀矛を奉り玉ひしかは、軍衆自聚る。

社記しゃきによれば、大同だいどう元年(806)大和朝廷やまとちょうていより封戸ふこ(62戸)。弘仁こうにん2年(811)嵯峨天皇さがてんのう勅願ちょくがんにより再建。文明ぶんめい3年(1471)土御門天皇つちみかどてんのう先規せんきふくされ御造営ごぞうえいしたと伝えられています。しかし、天正てんしょう15年(1587)豊臣秀吉とよとみひでよし島津征伐しまづせいばつの折、兵火へいかい、社殿しゃでん宝物ほうもつ勅書ちょくしょ社記しゃき古文書こもんじょなどことごとく焼失。そのため烏有うゆうに帰して仮殿かりでんを営みます。

江戸期徐々に復興し、正保しょうほう2年(1645)に再建。寛文かんぶん12年(1672)石鳥居いしとりい(二ノ鳥居とりい)が建立こんりゅうされ、翌年の寛文かんぶん13年(1673)祭礼さいれい神幸しんこう儀式ぎしき再興さいこうされました。貞享じょうきょう4年(1687)再建され、現在の本殿ほんでんになります。元禄げんろく5年(1692)拝殿はいでん建立こんりゅう。明治29年(1897)県社けんしゃ列格れっかくしました。旧夜須郡やすぐん惣社そうじゃとして崇敬すうけいを集め、毎年10月23日の大祭たいさいでは御神幸ごじんこうが行われています。

本殿ほんでんにかけての社殿しゃでんは、江戸時代末期から明治初期頃の建造物で、八幡造はちまんづくりを元にした作りになっています。二棟ふたむね切妻造きりづまづくり平入ひらいりの建物が前後に接続し、建物の中間に石間いしまを置き、前面の拝殿はいでん唐破風からはふ向拝付こうはいつき。後ろの建物が神座しんざです。社域しゃいきの構造物は筑前町ちくぜんまちの指定重要文化財に指定されています。

本殿ほんでん左には、御神体山ごしんたいさんはいする遙拝所ようはいしょがあります。

社殿しゃでん向かって後方の左手には菅原道真すがわらのみちざねまつ天満宮てんまんぐう鎮座ちんざしています。その反対の右手に2社並び、向かって左が素戔嗚命すさのおのみことまつ須賀神社すがじんじゃ。右が八幡大神やはたのおおかみまつ八幡宮はちまんぐうです。

また、当社と同様の由緒ゆいしょから奈良県の大神神社おおみわじんじゃも日本最古の神社とされていますが、大神神社おおみわじんじゃの近隣の地理や地名の配置と名称の多くが一致することから、その関連も指摘されています。

Photo・写真

  • 一之鳥居
  • 二之鳥居
  • 参道
  • 参道
  • 社殿
  • 社殿
  • 社殿
  • 拝殿
  • 本殿
  • 本殿
  • 御神体山遙拝所
  • 御神体山遙拝所
  • 御神体山
  • 天満宮
  • 石祠(塚名神・大己貴命・事代主命)
  • 須賀神社・八幡宮
  • 須賀神社
  • 八幡宮

情報

住所〒838-0811
朝倉郡あさくらぐん筑前町ちくぜんまち弥永いやなが697−3
創始そうし神功皇后じんぐうこうごう摂政せっしょう2年(202)
社格しゃかく県社けんしゃ [旧社格きゅうしゃかく]
例祭10月23日
神事しんじ大国だいこくさま里帰さとがえまつり(2月11日)
HP公式FB

地図・マップ